教育概念

本校の仕組みと特徴

本校高等課程は、平成8年4月開設と同時に栃木県教育委員会より、広域通信制高校の「科学技術学園高等学校」(東京都世田谷区成城)との技能連携の指定を受けました。技能連携教育とは、本校で学習した「専門科目」が高等学校で履修したと認められることです。また、「普通科目」については、科学技術学園高等学校の指導のもと、本校での授業やレポートを作成することにより、3年間で本校と高等学校普通科の二つの卒業資格が無理なく取得できるシステムです。

「個性を尊重し、心豊かな人間性を育む教育実践」

本校は平成8年の開校以来、少人数制により一人ひとりの個性を尊重し、心豊かな人間性を育む教育を実践してまいりました。また、生徒たちはそれぞれの専門的な学習をすることで、技術を身につけ、さまざまな検定取得によって自信をつけることができ、いきいきとした学校生活を送ることができております。そして、卒業するまでには適切な進路選択能力を養い、それぞれの夢の実現に着実に近づいております。これからも、安心で安全な教育環境を整えていくと同時に、地域に貢献できる人材を育成してまいります。

教育の柱《2つの教育目標》

個性を尊重

  • 一人ひとりを大切にする教育実践
  • 個性を伸ばし、心豊かな人間性の育成
  • オンリーワンになるための教育
  • 安心・安全な教育環境

専門的教育と高専一貫教育の推進

  • 夢の実現に向けて、確かな知識と技術の習得
  • 好きだから一生懸命になれる学習指導(自分の好きなことを楽しみながら学ぶ教育実践)
  • 高校卒業後、プラス2年の高専一貫教育
  • 将来を考えた進路指導(就職指導も含む)の実践